2023年8月 小布施・善光寺の旅【善光寺編】

旅行記

2023年8月のお盆、暑~い夏に善光寺参り。
今年は暑すぎました💦

長野善光寺周辺、とても綺麗で歩きやすい街です。
がしかし!いかんせん今年は暑すぎて、日傘をさしていても歩き回ることができません😭

日本の夏はもう、沖縄とか島とかしか旅行に行けないかもしれないわ~なんて思いながら、それでも長野善光寺はとても素晴らしかったです。

「一生に一度は善光寺参り」行ってみましょ~!!

善光寺参りの「お戒壇巡り」はマスト

長野駅から善光寺参道が始まる善光寺交差点まで、歩いて25分くらい。
通常なら観光しながらお店を見ながら歩いても行けますが、なにしろ暑いし善光寺の山門を入ってからも敷地が広いので、バスで行きました。
長野駅善光寺口1番のりばから、アルピコ交通の路線バスで約10分→「善光寺大門」下車徒歩約10分です。
体力は温存しないとね。

通りが広くてキレイな街並みだな~。
こんなに暑くなければゆっくり見て歩きたかった。
善光寺大門バス停をおりてまっすぐ歩いて善光寺交差点を渡ると敷地内に入ります。

右に宿坊が並び、左に大本願というお寺があり、大本願の入口のお地蔵さまが本当に可愛らしい表情で、暑い朝でもほっこりした気持ちになりました。
こちらには「ひとにぎり地蔵」というお守り?があります。
社務所にいらっしゃった女性がとても親切で、ひとにぎり地蔵は3種類、専用の袋はお好きなものを選べますよ~ゆっくり選んでください😊とニコニコ。
赤いほっぺのひとにぎり地蔵とピンク色の袋を購入しました。

仁王門をくぐり、仲見世通り。
ちょっと寄りたいところですが、我慢してまずは善光寺参りをしましょう。
10時過ぎたら参拝客がたくさん来て激込みなので、山門・経蔵・史料館の開館時間9:00にあわせて参拝するのがおすすめです。

参拝券は三堂(本堂内陣、山門拝観、経蔵拝観)と史料館、さらにお戒壇巡りがセットの共通券¥1,200を購入しました。
資料館は行かなくても、本堂内陣、山門拝観、経蔵拝観をそれぞれ購入すると¥1,400なので少しだけお得。

本堂の中は撮影できないのですが、是非ともやっていただきたいのが「お戒壇巡り」。
前も後ろも人がいるか分からない中を「極楽の錠前【じょうまえ】」を探りながら、1列に並んで歩きます。
本当に真っ暗、漆黒の闇!
大人でも結構怖いので、子供は見かけなかった気がします。

見えないから前の人が止まっても進んでも分からないので、私は「止まりま~す」「進みま~す」と言いながら進みました。
私が声を掛け始めると、後ろの人たちも続いて声を掛け始めてくれる方が出てきてくれて、何だか一体感を感じます😊

この錠前は御本尊と結ばれており、触れることで直接ご縁を結べると言われているので、みんな必死。
いちおう入口にヒントが書かれています。
どれどれ?真っ暗だし分かるのかなぁ~と不安ですが、触れば明らかに違うので分かります。
人がたくさん並んでいますが、これは挑戦して欲しいです!

閉所恐怖症・暗所恐怖症の方は無理せずに。
小さなお子さんは多分抱っこしていても怖くて泣いちゃうし、抱っこで進むことが危険だと思います。
感情のコントロールができる方、子供は自分一人で闇の中を歩けるくらい大きくなってから挑戦しましょう!

巡る | 善光寺
国宝善光寺本堂からはじまり、山門、経蔵などの重要文化財に指定される諸堂をご参拝。授与品所や仲見世で楽しんだ後は、身も心も癒やされる宿坊へ。そんな善光寺を楽しく巡る方法をご紹介します。

そして一時誘拐されてしまった「びんずる尊者」様は元の場所にいらっしゃいましたが、たくさんの観光客に囲まれていたので写真は撮れなかったし触れなかったです。
無事に帰ってこられて良かったですね😊

東山魁夷美術館・長野県立美術館で休憩

善光寺本堂まで参拝後、暑さをしのぐためとお手洗い休憩を兼ねて東山魁夷美術館へ避難。
広くてキレイだけど、広場には遮るものが何もないので、どこもかしこも猛暑です。
下から水が飛び出て遊べる噴水広場は子供でいっぱいでした。

美術館は鑑賞するのはもちろんだけど、静かで涼しくて(冬は暖かくて)お手洗いもキレイでカフェもあったりするので、旅行する時はスケジュールに組み込むことが多いです。

東山魁夷は白い馬シリーズを見てみたかったので、ゆっくり鑑賞できました。
葛飾北斎展も同時期だったのですが、ここにあるのはもちろんレプリカ。
本物は昨日行った小布施の岩松院にあります。

2023年8月 小布施・善光寺の旅【小布施編】
8月のお盆に涼を求めて長野県小布施町に行ってきました。全く涼しくなかったけど、レンタサイクルで観光してきましたよ~。
東山魁夷館 | 長野県立美術館
長野県立美術館の東山魁夷館について、開催中の展覧会情報、東山魁夷の言葉や略歴、東山魁夷館の設計者である谷口吉生のメッセージ。

善光寺みくじは牛のかたち

善光寺敷地内に戻りましたが、時間的にも観光客が増えて大混雑。
暑さを避ける為もあって、お守りなどが売っている授与品所も大大大混雑💦

人いきれで疲れそうなので、混雑を避けて大勧進へ入ります。
人が少ないし、爽やかな風が感じられる吹き流しや風鈴の音色でほっとできる場所でした。

牛のおみくじ¥100。可愛い。

八幡屋礒五郎 本店 8種類の小袋が入った「おためし七味」がおすすめ

帰りは仲見世通りをぶらぶら観光、どころじゃなく暑い!!!

仲見世通りを出て、善光寺の信号を渡ってすぐに、ちょっと良いうどん屋さんとかで一度はパッケージを見た事がある、七味唐辛子屋さん「八幡磯五郎 本店」があります。
本店では自分好みで七味唐辛子が作れるのですが、ここも激込み。。。
お土産さえレジに辿り着けそうにないくらいの行列なので、本店での購入は諦めました。

本店の裏側へ回ると可愛い車が置いてあって、奥まったところに「横町カフェ」があります。
カレーの気分じゃなかったので、今回カフェはパス。

長野駅ビルのMIDORIで売っているので、帰りの新幹線に乗る前に「おためし七味」を買いました。
7種類のおためし七味×4袋と1種類のふりかけ×2袋で¥700くらい。
これはお得!
私のおすすめは山椒七味。
ガラムマサラはカレーのイメージだけど、意外とお鍋に合いました。
カレーにはバードアイ。結構パンチのある辛さです。
小袋でたくさん入っているので、色々な料理で試してみると楽しいです。

根元 八幡屋礒五郎

夏限定の平五郎特製レモネード

暑さでお土産屋さんを見て回る余裕もなく、ソフトクリームじゃなくてカキ氷、それよりドリンク!冷たい水でもいい!!
と、目に飛び込んできたのは「パティスリー平五郎本店」の店前で販売していたレモネード!
お兄さん1人でちょうど準備をしていたところ、前のめり気味に即購入。

聞くと夏季限定とのこと、みるみるうちに行列が出来ていき、お兄さん大忙し。
隣の平五郎カフェは満席で、多分暑いからみなさんゆっくりしていて1時間待ちとかになっていました。

大きな氷が入っているので、私はレモネードを飲み終わった後も、ペットボトルの水を入れて飲んでいました。

平五郎(へいごろう)長野市の菓子店
長野市にある菓子店 平五郎(へいごろう)の公式ウェブサイトです。

飲食店が集まる「ぱてぃお大門」

大通りからちょっと入ったところある、飲食店が集まった「ぱてぃお大門」。
ベンチや木陰があるので、ランチの順番を待ちつつ休憩する観光客でいっぱいです。
みなさん暑さでぐったり。

とりあえず涼めて座れてゆっくりしたかったので、空いていた「MONZEN TERRACE ENYA」というお店に入りました。
お店の方も感じ良く、広くてキレイ。
外国の観光客の方はラーメン食べていたりしたけど、暑くて食欲がなかったので、2人でピザとポテトだけと飲み物だけいただきました。
あとビールとレモネードとお水たくさん。

ぱてぃお大門の一角に、「もりたろう」というお店がありました。
バナナマンのせっかくグルメで日村さんが紹介したお店らしいのですが、他のお店と違って外に人がいない。
ランチ時間真っただ中なのに入れるんじゃない?と思ったら、「本日の受付は終了しました」の看板が出ていました😭
どうしても入店したい方は開店時間11:00前には並んだほうが良いかもです。

帰りは陽が傾いてきたので、歩いて長野駅まで戻りました。
帰り道、可愛いお店や歌舞伎の施設みたいなのもあったけど、日傘とサングラスをしていても歩いて帰るのはやっぱり暑かったです。

お土産は長野駅MIDORIにほとんどある

長野駅ビルMIDORIには、長野のお土産がほとんど全部そろっています。
八幡磯五郎 本店で買えなかった七味もすんなり買えたし。

新幹線を待つ間に醗酵バー 醸でシードルを1杯。
ここは立ち飲みですが、お店前の広場には共用ベンチがあって、みなさんくつろいでます。
混んでいるので席がなかなか空きませんが・・・。

とにかくとにかく暑かったので、水分とってばかりの旅でした。
日本の夏、涼を求めに行ってもどこもかしこも暑くなってきちゃってどうしましょう🌞
旅先考えないといけないですね。
気候が良い時に、ゆっくり善光寺や仲見世通りを見て回りたいな。

タイトルとURLをコピーしました